ヨロヨロ山岳倶楽部 登山日記

はじめに

目国内から

ある時、山歩きの好きな仲間の一人に、アポイ岳へ誘われ、軽い気持ちで出かけました。ところが歩き始めて直ぐ根を上げて、頂上まで向かうかどうか迷うほどでした。それでも、なんとか頂上まで行くと、登りきった達成感や頂上から見る景色に心を奪われました。仲間の一人が、HPが欲しいと言い出し、登山と共に続けています。「山岳」という言葉を使っていいものかと悩みましたが、敢えて憧れをもって使いました。記載している内容もなんともヨロヨロで笑われそうですが、良かったらご覧下さい。

思い出

H23/7/9 札幌岳へ行きました。暑かったです。でも、カントリーマンさん達との再会もありました。そして、カントリーマンさんのHP(サラリーマン北海道山遊記)の登場人物の一人となることができた光栄な山行となりました。

リンクフリー:ヨロヨロ山岳倶楽部

当ホームページに掲載している情報は個人的な感想及び個人的に収集したものを中心に記載しています。情報の正確さは保証できません。特に誤字脱字、花の名前、地名、専門的な用語については既に誤りを感じているものもあります。私たちが行った日の状況を参考程度に閲覧頂ければ幸いに存じます。掲載の情報に基づいた結果、発生した事故・トラブル等については、一切責任を負えません。


IE10で表示確認
表示の崩れるページは互換表示でご覧ください。 
  SINCE 2009.6.14

カウンター


リンク

当倶楽部の末さんがとっても愛するホームページです。 十勝在住のMemuro512さんのブログ。週末の山遊びと日常を書かれています。 野塚岳でお会いした「ペコンズ」さんのページ。毎週欠かさず登っているそうです。びっくりします。



メンバー

  平成20年6月に、山さん、末さん、私(沼)とで、アポイ岳に登った。早いのもので、3年が過ぎた。
  この頃は、それぞれ登ることも多くなった。毎年の3人での泊りがけの山登りも、昨年は天候に恵まれず中止となった。登山を続けていて、周りにたくさんの愛好者がいることが分かった。そして、親密に話ができることを知った。続けてきて良かった。
 H24年3月記
 



現在の閲覧者数:





inserted by FC2 system